Entries

熊本地震支援活動につきまして(13)

■現地支援本部、益城町公民館で活動継続中 4月28日、29日の両日、本部調査・調整班(メンバー/防災技術指導チーム・金子勉統括隊長、髙野甲子雄統括、橋本茂常務理事)が現地入りしました。 益城町公民館に設置された現地支援本部で、宮下正一本部長(熊本県支部長)、田中昭次・大分県支部長、小林紀・佐賀県支部事務局長をはじめ、九州各支部の皆様、全国から駆けつけた防災士会の皆さんと情報共有、意見交換、協働いた...

熊本地震支援活動につきまして(12)

■日本防災士会先遣隊からの報告 4月21日(木)~22日(金)熊本県被災地を訪問した、大石伸雄常任理事(兵庫県支部長)より報告が届きました。(兵庫県支部・横山恭子事務局長が同行)4/21(木)5:00  益城町保健福祉センター着益城町役場が倒壊危険の為、センターに移転してきていましたが早朝のため、避難者の方々がそこかしこで寝ておられたので、我々も仮眠することにしました。6:30  益城町大字安永地区、惣領地...

熊本地震支援活動につきまして(11)

■現地支援本部を立ち上げました熊本県支部の宮下正一支部長、九州支部連絡協議会の旭芳郎支部長から以下の通り報告がありました 本日、日本防災士会の現地・災害ボランティア本部が、益城町役場隣の、公民館駐車場にできました。九州ブロックとして活動拠点にしていきます。その後、益城町社会福祉協議会に支援金10万円をお届けし、防災士会久留米支部が担当している避難所にお菓子などの救援物資をお届けしました。合わせて、知り...

熊本地震支援活動につきまして(10)

■大石伸雄常任理事、旭芳郎九州支部連絡協議会会長からの報告21日、22日の両日、熊本県入りしている大石常任理事から報告があり、また旭会長からも連絡がありました。・物資について 県庁、熊本市役所には物資が大量に届いている。水も十分ある。   益城町役場(益城町健康福祉センターに移転)にも物資は充足している。 ただし、県内の避難所すべてに行き届いているかどうかは不明。 日本防災士会として大量の飲料水な...

熊本地震支援活動につきまして(9)

熊本市ボランティアセンターが設置されました熊本市のボランティアセンターが設置され、ボランティアの募集が開始されました。○設置期間 平成28年4月22日(金)~ニーズ終了まで○設置場所 (仮称)花畑広場(熊本市中央区花畑町7番10号)○開設時間 午前9時~午後4時詳しくは下記をご参照ください。http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=12533日本防災士会が組織としてボランティア活動を実施するのは...

熊本地震支援活動につきまして(8)

濱島防災士より 群馬県支部の濱島孝矢防災士から続報。本日は、益城町古閑にある広安愛児園の避難所で、久留米支部、熊本県支部の防災士とともに合計6名で支援活動を実施したとのことです。日本テレビで物資について意見 本部事務局・橋本常務理事が日本テレビ「news eyery」から取材を受けて、私たちが今できることというテーマで支援物資についての意見を述べました。16:30ころの同番組で「日本防災士会常務理事・橋本茂さん...

熊本地震支援活動(7)

余震や新たな地震の危険があります! 危険回避を!今回の地震は気象庁も前例がないというほどの特異な災害になっています。被災地は危険でいぱいです。無理をせずに時期を待つことも大切です。もしも被災地に入る場合は、十分に気をつけて、自己責任での行動をお願いいたします。 このことを前提として、以下の情報をお伝えいたします。益城町での状況九州支部連絡協議会では、益城町での支援活動を再開・継続めざして、本日は久...

熊本地震支援活動につきまして(6)

昨日テレビ局が、避難所も様子をリレー中継していましたが、それぞれの避難所でこういう物資が不足していると強調していました。皆さまご承知の通り、こういう報道があるとその避難所へ1週間ほどして物資がどっと届くのが、過去の災害でしばしば起きています。個人、民間で被災地へ物資を送ることは、保管と仕分けの膨大な作業を被災地に強制することであり、送られてきた物資の腐敗などにつながり、被災地に迷惑を及ぼします。当...

熊本地震支援活動につきまして(5)

益城町で活動中の九州支部連絡協議会の旭会長(長崎県支部長)から情報をいただきました。・昨日、益城町役場、社会福祉協議会と話し合いを行った。・社会福祉協議会としては、とてもボランティアセンターを立ち上げる状況にない。余震が激しく、支援活動中に家屋倒壊、瓦などの落下の恐れがある。ボランティアの安全確保ができない。また電気が通じていないためパソコンを使うことができない。サーバーもダウンしている。今後の情...

熊本地震支援活動につきまして(4)

遠方から支援に駆けつけるには非常に困難な状況です。しかし、被害は広範囲にわたっており、余震が少し落ち着いて、道路が復旧したならば必ず支援ボランティア活動が必要となります。日本防災士会は、現地で活動中の熊本県支部、大分県支部、九州支部連絡協議会から情報をいただき、支援活動の準備に入りたいと思います。九州支部連絡協議会の旭芳郎会長(長崎県支部長)がFacebookに写真をアップしておられます。コチラからご覧く...

Appendix

プロフィール

日本防災士会事務局

Author:日本防災士会事務局
日本防災士会事務局からの、本部行事等のお知らせ、告知、ご報告です。

検索フォーム

QRコード

QR