Entries

日本防災士会地方議員連絡会が厚生労働大臣に陳情

 平成28年12月21日(水)、日本防災士会地方議員連絡会(会長:大石伸雄西宮市議・日本防災士会常任理事)は、「乳児用液体ミルク」の国内解禁について、自見はなこ参議院議員、高野光二郎参議院議員(ともに防災士)とともに塩崎恭久厚生労働大臣に面会し陳情を行った。
 この日、地方議員連絡会からは大石会長ほか、会長代行早坂よしひろ都議、副会長床田正勝大阪市議、事務局長大高拓葛飾区議、山本敬子宝塚市議が参加。さらに、日本防災士会の浦野修理事長、橋本茂常務理事が同行。一行はまず、参議院議員会館へ自見議員を訪問。陳情書を手渡し、経緯を説明。それからそろって厚生労働省の大臣室へ。ここで高野議員と合流し、塩崎大臣に陳情を行った。
 当初20分の面会予定が、話し合いが熱を帯び、35分に及んだ。大臣室を辞し、その足で橋本岳厚生労働副大臣にも面会、要望書を手渡した。
 乳児用液体ミルクは働く女性や災害時の被災地支援にきわめて有効であり、熊本地震の際は外国からの支援物資として特例的に活用された。国内での生産・販売については安全性の検証、基準作りが必要とされている。被災地では衛生環境、お湯の準備等のため粉ミルクの利用が困難になることが多いことから、この提案・陳情を実施したもの。


PC218476.jpg
PC218449.jpg
PC218490.jpg
PC218493.jpg
PC218494.jpg
PC218500.jpg
PC218506.jpg
PC218518.jpg
PC218526.jpg
PC218542.jpg
PC218602.jpg
PC218622.jpg

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hqnews.blog.fc2.com/tb.php/152-3564e429

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日本防災士会事務局

Author:日本防災士会事務局
日本防災士会事務局からの、本部行事等のお知らせ、告知、ご報告です。

検索フォーム

QRコード

QR