Entries

震災から3年半 ~ 防サイ君の被災地巡行

title.png


2014年9月22日(月)、23日(火祝)、震災から3年半経った被災地を訪れました。

まず訪れたのは、大槌町の旧役場。役場の建物の一部が残されていました。

jun01.jpg

jun02.jpg


次に釜石市立東中学校があった所、今は東中学校も隣の鵜住居小学校も取り壊されて、土地のかさ上げ工事が行われています。鵜住居川の土手に立って川下を望むと、湾の一部が見えます。

jun03.jpg


次に陸前高田市を訪れました。ここでは大規模な土木工事が行われていました。
山を発破で崩し、その土をベルトコンベアーで海沿いへ運び、土地のかさ上げをしています。
旧道の駅の前には慰霊施設が設けられていました。

jun05.jpg
jun06.jpg
jun04.jpg


そして、南三陸町。防災対策庁舎の前にはたくさんの花が手向けられていました。高台の中学校から町を見下ろすと、防災対策庁舎がぽつんと残っているのが印象的です。

jun07.jpg
jun08.jpg
jun09.jpg


2日目、まず向かったのは石巻市立大川小学校。立派な慰霊碑が建立されています。

jun10.jpg
jun11.jpg
jun12.jpg
jun13.jpg


そして石巻市立門脇小学校。すぐ裏が山で、避難路をたどってみました。日和山からの眺めはとても大きかったです。

女川町では津波で横倒しになった4階建てのビル、交番を見ました。ビルは押し波で山側に、交番は引き波で海側に倒れています。土台の杭ごと引き抜かれているのは、地震の揺れによる液状化現象のためだろうと言われています。

jun15.jpg
jun14.jpg
jun16.jpg
jun17.jpg


この海抜20メートルのところに建つ3階建ての建物の1階部分(壁の色が違うところ)まで浸水したそうです。
手前の避難階段は震災後につけられました。

jun18.jpg

仙台港付近の町の跡です。見渡す限りの広大な草原、ところどころに建物の土台だけが残っています。

jun19.jpg


被災地では、いたるところで土木工事、土地のかさ上げ、道路建設が行われており、土煙におおわれていました。
1日も早い復興・再建を祈ります。

こちらの動画もあわせてご覧ください。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hqnews.blog.fc2.com/tb.php/36-eeb5510b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

日本防災士会事務局

Author:日本防災士会事務局
日本防災士会事務局からの、本部行事等のお知らせ、告知、ご報告です。

検索フォーム

QRコード

QR