Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州北部豪雨災害の被災地支援活動につきまして(2)

九州支部連絡協議会、九州各支部によって支援の体制を準備中です。現在、以下の考え方対応を進めているとのことです。
○長崎、佐賀、福岡県、久留米の各支部は朝倉市、東峰村を支援する。
○大分、熊本、宮崎、鹿児島県、沖縄県の各支部は日田市を支援する。
○社協による公設ボランティアセンターの傘下に入って活動する。
○現地防災士会サテライトの立ち上げについては、大分県支部が日田市で計画中。朝倉市は今後検討。

長崎県支部は、旭芳郎支部長をはじめ有志数名が朝倉市で支援活動を開始しました。
旭芳郎支部長のfacebookをご参照ください。
https://www.facebook.com/yoshirou.asahi?fref=ts

 多くの支部、会員の方々からお問合せをいただいておりますが、組織的な活動については九州支部連絡協議会による現地受け入れ体制が整うまでの間は、公的機関による現地救援活動の妨げとならないよう、また二次災害に留意して、一ボランティアとしての行動をお願いいたします。

 朝倉市、日田市とも災害ボランティアセンターが立ち上がり、ボランティアの受け入れを行っています。

日田市災害ボランティアセンター
http://www.pref.oita.jp/soshiki/13040/volunteer-oita-0710.html

朝倉市災害ボランティアセンター
https://www.facebook.com/asakuravc/

東峰村災害ボランティアセンター
http://tohovc.jp/
(29.7.13)

スキルアップ研修会「津波訴訟判決と学校・事業所の安全について」を開催

 東日本大震災関連の津波訴訟で次々と裁判所の判断が下されています。とくに大川小学校(28.10.26仙台地裁)、野蒜小学校(28.3.24仙台地裁。高裁一審判決支持)、七十七銀行女川支店(26.2.25仙台地裁。最高裁棄却)等の判決には、学校や事業所の安全管理に関わる人々にとって重要な考え方が示されています。いっぽう学校現場の一部では、何をどこまでやればよいのか、迷いが生じている傾向が見受けられます。これらの判決を踏まえ、安全と危機管理についてわれわれ防災士はどう考え、関係者にどうアドバイスすべきか等の研修が行われました。

日時 : 平成29年7月8日(土)13:30~16:30
会場 : タワーホール船堀4F研修室(東京都江戸川区)
講師 : 橋本 茂 防災士
内容 : 津波訴訟判決と学校・事業所の安全について
参加者:58名

290708tsunami1

290708tsunami2

290708tsunami3

290708tsunami4

九州北部豪雨災害につきまして(1)

 九州北部、中国地方を中心に甚大な豪雨災害が発生しています。謹んで犠牲となった方々のご冥福をお祈り申しあげますとともに、被害を受けられた方々に心からお見舞いを申し上げます。
 現在、当会九州支部連絡協議会(会長・宮下正一熊本県支部長)と情報交換し、対応を模索中ですが、現状について以下の通り、お伝え申し上げます。

【九州支部連絡協議会よりの情報】
・大雨洪水警報が気象庁から発令されていますが、大分県・宮崎県・久留米市の防災士数名が福岡県朝倉市及び大分県日田市の対策本部を訪ね、「被災者及び被災地の現況状況」を詳しくをお聞きしたところ、孤立集落があり容易には近づけず、大分県危機管理対策課からも情報収集した結果、「二次災害の恐れがありますので(現時点での)支援活動は見合わせてほしい」とのことでした。当分の間は、警察・消防・自衛隊等の活動の様子を見て、支部連としての活動について判断することに致しました。
・支援活動の必要があると判断した場合には、熊本県内で九州ブロック支部連絡協議会で「支援打ち合わせ会議」を開き、今後の対応策等を意見交換したいと考えています。

【長崎県支部(旭支部長)より】
 明日、8日(土)に支部有志数名で福岡県朝倉市の状況視察のため、先遣隊として被災地入りする予定です。

【本部事務局より】
・現地は引き続き大雨が警戒され、二次災害の危険性が非常に大きいことが心配されます。
・二次災害防止、公的機関による救助活動の妨げとならないよう努める、という観点から本部先遣隊の派遣等は来週以降に検討いたします。
・引き続き、九州各支部、支部連と情報交換し、全国の皆様に情報をお伝えしていきたいと思います。
・なお、当会会員の方の被害は、本日時点では把握されていません。
(平成29年7月7日 16:00)

気象災害集中講座(3)を開催(東京)

 日本防災士会スキルアップ研修・気象災害集中講座「その3」が開催されました。

日時 : 平成29年7月1日(土)13:30~16:30
会場 : エムワイ会議室 お茶の水Room B(東京都千代田区)
講師 : 矢野良明・元気象庁銚子気象台次長
内容 : 災害をもたらす気象現象 風、 〃 雨
参加者:51名

290701kishou1

290701kishou2

290701kishou3

290701kishoua4

平成29年度通常総会を開催

 特定非営利活動法人日本防災士会の平成29年度通常総会が、6月24日に東京都千代田区の星陵会館ホールにおいて開催され、全国各地から240名余が参加して、今年度事業計画を決定いたしました。
浦野修理事長が力強く開会の挨拶を行い、次に松尾好將副理事長を議長に選任して、「平成28年度事業経過報告」、「同収支決算報告及び監査報告」、「平成29年度事業計画案」、「同収支予算案」、「役員選任」、「定款変更」について提案と質疑応答が行われ、いずれも満場一致で承認決定されました。

日 時 : 平成29年6月24日(土)
       通常総会/午後1時30 分~17時。
       交流会(希望者による会費制)17時20分~18時45分
場 所 : 星稜会館ホール(東京都千代田区永田町)

290624soukai1

気象災害集中講座(1)を開催(岡山)

 日本防災士会スキルアップ研修・気象災害集中講座「その1」が開催されました。

日時 : 平成29年6月17日(土)13:30~16:30
会場 : ピギー貸し会議室3-A(岡山県岡山市)
講師 : 矢野良明・元気象庁銚子気象台次長
内容 : 防災気象情報、気象災害事例 減災、身を守る
参加者:37名

290617kishou1

290617kishou2

2017防災産業展in東京に出展

 日本防災士会では表記展示会の協賛団体になるとともに、防災士研修センターと共同出展しました。
(本展示は、首都圏支部連絡協議会及び東京都支部をはじめとする会員様有志にご協力いただきました)
日 時 : 平成29年6月7日(水)~9日(金) 10:00~17:00
会 場 : 東京ビッグサイト 東ホール(東京都江東区有明3-11-1)

290607bousaisanngyouten2

290607bousaisanngyouten1

スキルアップ研修会「学校防災と危機管理」を開催

 東日本大震災での津波被害訴訟では、裁判所の判断が相次いで示されています。とくに大川小学校、野蒜小学校、七十七銀行女川支店の判決の意味するところは重大です。判決に示された考え方を学び、学校防災と危機管理について、防災士としてどのような視点をもってアドバイス、協力すべきかを考える研修会が開催されました。

日時:平成29年6月4日(日)13:30~16:30
会場:新大阪丸ビル新館 509号室(大阪府大阪市)
講師:橋本  茂 日本防災士会常務理事
参加者:74名

気象災害集中講座(3)を開催(東京)

 日本防災士会スキルアップ研修・気象災害集中講座「その3」が開催されました。

日時 : 平成29年6月3日(土)13:00~16:00
会場 : タワーホール船堀・4F研修室(東京都江戸川区)
講師 : 矢野良明・元気象庁銚子気象台次長
内容 : 災害をもたらす気象現象 風、 〃 雨
参加者:70名

290603kishou

290603kishou2

290603kishou3

290603kishou4

290603kishou5

本部・関西支部連絡協議会共催 防災研修会のお知らせ

 日本防災士会本部及び日本防災士会関西連絡協議会主催の防災研修会を開催いたします。
(本研修会は終了しました)
29.07.02(日)14:00~16:00

研修会の報告はコチラからご覧ください。

奈良県文化会館・小ホール
「熊本地震!現地対策本部の立ち上げと支援活動」
今回は、日本防災士会熊本県支部の宮下正一支部長をお迎えして、熊本地震での活動とご苦労を講義頂きます。実際にどの様にして対策本部を立ち上げられたのか、貴重な研修会となります。是非ご参加下さい。

○講師:日本防災士会熊本県支部長 宮下正一
○参加申込: (本研修会は終了いたしました)
○参加費:無料
○対象:関西支部連絡協議会の支部会員以外の日本防災士会会員(関西支部連絡協議会の支部会員の方は、所属する各府県各支部へ申し込んで下さい。)
○定員:本部受付(関西支部連絡協議会以外の方)100名

詳細および参加申込についてはコチラをごらんください。
(次回会報発行は7月17日になる予定ですので、ネット上のみでのご案内となります。周囲の会員の方にもお声かけいただければ幸いです)

bousaiken.png

タイムラインの考え方による住民の災害対応訓練

 米国ハリケーン「サンディ」への対応で注目された「事前防災行動計画(タイムライン)」の考え方は行政機関のみならず、住民の災害対応についても有効なことから、日本防災士会として自主防災組織の初動対応に資する試行的訓練として標記のスキルアップ研修会が開催されました。

日時:平成29年5月28日(日)13:30~16:30
東京:駅まえオフィス貸し会議室・中会議室(新潟市中央区)
講師:橋本茂 常務理事
参加者:36名

290528timeline1

290528timeline2

スキルアップ研修会「災害と食」を開催(宮城)

上記研修会が開催されました。

日時:平成29年5月28日(日)13:30~16:30
東京:仙都会館会議室5F-B
講師:別府 茂 日本防災士会参与・日本災害食学会副会長
参加者:43名

290528saigaishoku1 290528saigaishoku2

290528saigaishoku3 290528saigaishoku4

290528saigaishoku5 290528saigaishoku6

290528saigaishoku7 290528saigaishoku8

スキルアップ研修会「津波訴訟判決と学校・事業所の安全について」募集開始

スキルアップ研修会「津波訴訟判決と学校・事業所の安全について」の募集を開始します。

○日 時:平成29年7月8日(土)13:30~16:30
○会 場:タワーホール船堀4F研修室
○テーマ:津波訴訟判決と学校・事業所の安全について
○講 師:橋本茂 防災士

詳細および参加申込についてはコチラをごらんください。(参加受付は終了しました)
(次回会報発行は7月17日になる予定ですので、ネット上のみでのご案内となります。周囲の会員の方にもお声かけいただければ幸いです)

skillu.png

平成29年度第1回常任理事会、理事会を開催

 常任理事会、理事会が開催されました。

日時 平成29年5月11日(木)常任理事会11:00~13:00
              理事会13:30~16:45
場所 エムワイ会議室四谷三丁目(東京都新宿区)
審議事項
    1 平成29年度通常総会の開催と議案書について
    2 専門員制度の見直しについて
報告事項
    1 日本防災士機構による表彰について
    2 防災士制度に関する国会の動向について
    3 会員数の現況について

290511jounin
常任理事会

290511riji 
理事会

スキルアップ研修会「災害と食」を開催(東京)

 大規模災害時はライフラインが全停止し、通常の食生活が困難となるため、持病の悪化、体力低下、生活不活発病など負の連鎖が始まります。乳幼児、高齢者、妊婦、食物アレルギーの人などは深刻な事態になりかねません。

 東日本大震災や熊本地震でも明らかとなった災害時の食の課題。日本防災士会設立発起人の一人であり、災害食の研究者として著名な別府講師から 大規模災害時における食に関する最新情報を伝えていただきました。

日時:平成29年4月16日(日)13:30~16:30
東京:貸会議室内海 3階教室
講師:別府 茂 日本防災士会参与・日本災害食学会副会長
参加者:60名

なお、研修中に別府講師から、パワーポイントデータの配布についてのお話がございました。
データはダウンロードできるように以下にアップしております。

「防災士会会員活動情報サイト“協働”」の「情報・ツール!」の「日本防災士会のOneDrive」の中の「パワーポイント」内。
「東京 スキルアップ1 被災生活の課題2017.4.16」「東京 スキルアップ 2 減災対策 2017.4.16」

IMG_2756.jpg
IMG_2755.jpg

地方議員連絡会平成28年度総会を開催

 地方議員連絡会平成28年度総会が開催されました。

日時 平成29年4月13日(木)
         ランチミーティング11:45~12:30
         総会13:00~13:40
         研修会13:30~16:00
場所 参議院会館101会議室(東京都千代田区)
総会次第
   1.開会
   2.会長挨拶
   3.役員紹介
   4.来賓挨拶
   5.議事
    (1)平成28年度事業報告(案)
    (2)平成28年度決算報告(案)
    (3)平成29年度事業計画(案)
    (4)平成29年度予算(案)
    (5)その他
   6.閉会

290413chihougiin_soukai1
画像をクリックして、大きな画像をご覧ください。

災害と食を開催(香川)

 東日本大震災や熊本地震でも明らかとなった災害時の食の課題。日本防災士会設立発起人の一人であり、災害食の研究者として著名な別府講師から 大規模災害時における食に関する最新情報を伝えていただきました。

日時 : 平成29年4月9日(日)13:30~16:30
会場 : 高松商工会議所 2階201会議室(香川県高松市)
講師 : 別府 茂 日本防災士会参与・日本災害食学会副会長
参加者:37名

290409saigai-shoku1

自主防災組織の災害対応を開催(鳥取)

 自主防災組織による災害時の対応を考えるために、DIG(災害図上訓練)第二段階として町内図を使った「要配慮者への支援」対応をワークショップで学ぶ研修会が開催されました。併せて、全国の防災士及び支部の活動について近況をご報告し、今後の活動について意見交換が行われました。
(本研修会は昨年10月23日開催の予定が、10月21日に発生した鳥取県中部地震のため、開催中止・延期されたものです)

日時 : 平成29年4月8日(土)13:30~16:30
会場 : 米子・国際ファミリープラザ3階会議室B(鳥取県米子市)
講師 : 日本防災士会常務理事 橋本 茂
参加者:47名

290408jishubou1

災害救護と防災教育を開催(秋田)

 災害現場で身近なものを使った応急手当、各種搬送方法。
小中学校等での防災教育についてどのように指導するか、経験豊かな2人の防災士から学ぶ研修会が開催されました。

日時 : 平成29年4月2日(日)13:30~16:30
会場 : アキタ・スクエア ルーム3-2(秋田県秋田市)
講師 : 松井正雄 日本防災士会東京都支部長代理
   谷 正美 防災士
参加者:24名

290402saigaikyugo1

290402saigaikyugo2

290402saigaikyugo3

290402saigaikyugo4

スキルアップ研修会「災害現場と被災地支援活動」を開催(鹿児島)

 鹿児島県支部との共催により、東京消防庁で数々の火災・災害を経験し、東日本大震災、常総市水害、熊本地震において被災地支援に取り組んだ髙野講師により、災害現場での留意事項、支援活動のあるべき姿についてお話頂きました。

日時 : 平成29年3月11日(土)13:30~16:30
会場 : かごしま県民交流センター 東棟 4F 中研修室第3(鹿児島県鹿児島市)
講師 : 高野甲子雄・日本防災士会全国講師
参加者:44名

290311saigaigenba1

290311saigaigenba2

290311saigaigenba3
南日本新聞 平成29年3月12日

Appendix

プロフィール

日本防災士会事務局

Author:日本防災士会事務局
日本防災士会事務局からの、本部行事等のお知らせ、告知、ご報告です。

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。